一湖房通信・美味しいお召上がり方一湖房通信・美味しいお召上がり方

カテゴリー:おすすめ商品

2019.04.06

『令和を祝う』 一湖房 春の限定商品

『令和を祝う』

新年号が令和に決まり、日本中にお祝いムードが特別な10連休のゴールデンウィークに一湖房の限定商品をご馳走に、お祝いの一献をご自宅でいかがですか?

gw_main

2019年のゴールデンウィークは、皆さまご存知の通り、特殊です。

天皇陛下の退位、即位に伴いまして10連休になる方が多く、皆さまのご予定もいろいろでございましょう。
海外でお過ごしの方もいらっしゃると思いますが、「ご自宅でゆっくり」とお考えのお客様へ一湖房からのご提案でございます。

お客様の方で、もうひと手間かかていただかなくてはなりませんが、「美味しい食卓」が出来ますように、3種類の新製品を作ってみました。「ホームパーティー」でも「ご家族の団らん」でも素敵に演出できるようにと、考えてみました。

「合鴨のモモ肉の酒粕漬け」・「骨付き合鴨モモ肉のスープ(塩味)」・「合鴨の肝肉とキノコのアヒージョ」の3品です。

どれも、お値段はおさえて作りましたが、通年で製造する予定はございません。5月末までと考えています。どうぞ、この機会にお取り寄せいただければ幸いでございます。


gw01_pic
【合鴨モモ肉の酒粕漬】
滋賀のお酒「七本鎗」の酒粕ベースの特製の粕に合鴨モモ肉を漬け込みました。ある程度、火は通っていますが、表面を焼いてお召し上がり下さい。

《ご用意いただく物》
かぼちゃ 1/4個・パプリカ赤 2個・ヤングコーン 2個・セロリ 1/3本・生姜醤油 少々

《お召し上がり方》
①かぼちゃは薄切りにして、パプリカは大き目に切って、ヤングコーンは半割に、セロリは10�程度に切って下さい。
②袋から鴨肉を出して、酒粕を取り除いて、耐熱の器に①と共に並べて、酒粕は少し焦がすと旨いので、残りの酒粕もお好みで一緒に乗っけて、オーブンに入れます。
③180℃で約15分程度火入れして出来上がりです。
④生姜醤油を付けタレとして、お召し上がり下さい。合鴨のモモ肉の皮は、焼くと美味しい甘い脂を出してくれます。その味が、この特製の酒粕の甘みと融合して、非常に旨い食べ物になります。焼き野菜も一緒に美味しくお召し上がり下さい。

*オーブンでなくても、フライパンにクッキングシートでも充分美味しく出来ます。残りの酒粕は、野菜炒めの味付けにお使いいただくと美味です。

>>商品の詳細・ご購入はこちら


gw02_pic

【合鴨の肝肉とキノコのアヒージョ】
アヒージョは「すりおろしたニンニク」をたくさん入れたオイルで煮た、スペインの小皿料理です。当品は合鴨の肝肉、砂肝、心と色々なキノコを入れてゆっくり煮てあります。小鍋に移して、充分加熱してからお召し上がり下さい。このオイルをバケットにつけて食べるのが美味なのです。

《ご用意いただく物》
季節の野菜・菜の花や筍等 適量・パスタ 乾麺 400g程度・バケット  適量・塩コショウ 少々

《お召し上がり方》
①たっぷりのお湯に塩を適量入れてパスタをゆがいて下さい。
②季節のお野菜を適当な大きさに切り、召し上がれる状態にしてから(下茹でなども必要なものは済ませる)当品のオイルと共に㈰のパスタを絡めて、出来上がりです。

>>商品の詳細・ご購入はこちら


gw03_pic

【合鴨骨付きモモ肉のスープ(塩味)】
合鴨の骨付きモモ肉が1本入った、白濁した塩味のスープです。和風のポトフのように、又は鳥鍋のようにお使い下さい。 下味をして皮面を軽く焼いてから長時間煮込んでいます。

《ご用意いただく物》
キャベツ 1/2個・人参  2本・じゃがいも 1〜2個・セロリ 1本・玉ネギ 1個・マイタケ 1パック・〆にお好みのラーメン1・コショウ少々 七味少々

《お召し上がり方》
①野菜は全て適当なサイズに切って、お鍋にスープと鴨肉を入れ(鴨肉は非常に柔らかいので、崩れないように気を付けて)野菜を硬いものから順番に入れて、中火で煮ます。
②じゃがいもに火が通ったら出来上がりです。
③お好みで、七味又はコショウをふって、お召し上がり下さい。
④野菜を召し上がった後、スープが残ったら〆にラーメンを入れて 、、、。白菜やおネギなどのお野菜でも、美味しく出来ます。コショウや七味の替わりに、すりおろした生姜でも。

また、結構たくさんのお野菜を入れることをおすすめします。
少し濃い目の味付けですので、たくさんのお野菜でちょうど良い加減になると思います。

>>商品の詳細・ご購入はこちら

カテゴリー:おすすめ商品

2019.02.16

「豆キャラメル」

当社の煮豆用の大豆は、滋賀県米原市で栽培いただいておりますが、
台風とか長雨とかで、上手に育たなかった年がありました。煮豆に
すると味は大丈夫なのですが、全部割れてしまって、製品にならなくて
困ってしまったことがありました。
2010年の秋に「そういう大豆に育ってしまった時も、美味しく
お客様に召し上がっていただけるような品物を作ろう!」とのおもいで、
開発したのがこの「豆キャラメル」です。

近年、大豆の生産も安定していて、当製品を作ることはなかったのですが、
ご来店いただくお客様から、又、百貨店催事でお買い求めのお客様から、
「豆キャラメルはもう作らないの?」とのお声を、しばしばいただき、
今回、久しぶりにお作りいたしました。

どんな味?

大豆のジャムなのです。煮詰めていく時に「牛乳」をたくさん使いますので、
ミルクジャムのような、濃厚な豆乳プリンのような味に仕上ります。
そして、アクセントに苦めのキャラメルが最上部にのっています。
開封後、キャラメルの部分を下層部と混ぜ合わせてお使いください。

何に合せると良い?

写真の通り、小さいコッペパンに市販の生クリームと合わせて・・・
シュークリーム生地でもokです・・・

豆キャラメル1
なかなか「旨い」ものですから、めったに作りませんので、
一度お試しください。


「豆キャラメル」190g入り・・・¥702
「黒豆キャラメル」190g入り・・・¥756

カテゴリー:おすすめ商品

2019.02.02

小あゆの甘酢煮

今年の1月は「小あゆ」が順調に獲れたこともあり
「小あゆの甘酢煮」をこの時期に炊く事が出来ました。
柔らかな鮎の旨味と爽やかなお酢の酸味、生姜のきいた甘酢煮に
仕上っております。
あゆの炊いたのも美味しいですが甘酢煮も
また違った小あゆの美味しさを楽しんでもらえるかと思います。
小あゆ甘酢煮201801
こちらの「小あゆの甘酢煮」は4月の定期便にも
入っておりますのでお楽しみに!! ご購入はこちらからどうぞ

カテゴリー:おすすめ商品

2019.01.22

新物「若あゆ」・ちらし寿司の素

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

先週くらいから「小あゆ」が入ってきました。
シーズン通していろんな「あゆ」を炊きますが
若あゆは特に柔らかくて美味しいです。
今年の新物ぜひ召し上がってみてください。
IMG_0536

「ちらし寿司の素」
数年前から作り始めました「ちらし寿司の素」にも
沢山のファンがつき今では春の季節アイテムの顔になりました。
一湖房の従業員もこの素朴な田舎風ちらし寿司の味が大好きです。
まだ召し上がったことのない方も一度試してみてください。
05

「若あゆ」「ちらし寿司の素」のご購入はこちらからどうぞ。

カテゴリー:おすすめ商品

2018.10.13

子持ちあゆ

お待たせしました、子持ちの小あゆ、子持ちの大鮎が炊けました。
IMG_5969
昨年は年明けからあゆが獲れずその影響で子持ちの小あゆも
ほとんど炊けませんでした。
今年は皆様に喜んで頂ける子持ちあゆが炊けましたので
是非召し上がってみてください。

カテゴリー:おすすめ商品

2018.08.04

8月・9月限定「合鴨の味噌すき焼き」

今年も8月・9月の限定商品で「合鴨の味噌すき焼き」を販売します。
misosukiyaki4-2
昨年は玉ねぎ・焼き豆腐のお野菜付きで週末限定お届けでしたが、
今年は、玉ねぎ・焼き豆腐のセットではなく合鴨肉と割下、お出汁、七味とうがらしのみの
販売で週末に限らず日にち指定が可能です。

暑さの続く夏ですが美味しく召し上がってください!!

カテゴリー:一湖房の美味しい定期便|季節商品

2018.07.28

毎月の定期便8月・9月

6月から始めました一湖房毎月の美味しい定期便のお知らせです。
定番2
定番の7品+8月の季節商品は「親鴨のテリヤキ」です。
親鴨のテリヤキ済
少し硬めの親鴨肉の皮面をカリカリに焼き山椒と柚子の甘辛タレに
漬け込んでいます。ビールのお供にどうぞ!!
締め切りが7月末と短いですがよろしければいかがでしょうか。

少し早いですが9月の定期便のお知らせです
9月の季節商品は「秋のちらし寿司」と「鴨のペースト」です。
ちらし寿司2
IMG_7513
秋のちらし寿司は春に作っているちらし寿司の具材が変わりますのでお楽しみに!
ペーストはバケットに付けてワインなどと一緒に楽しんでください!

カテゴリー:美味しいお召上がり方

2018.07.14

一湖房の定期便 初月号を発送いたしました

定期便7月箱 一湖房の定期便(7月号)を発送いたしました。

内容は、定番商品の五目豆、金時豆、昆布豆、お揚げさん炊いたの、一口にしん昆布巻き、じゃこまぶし、梅おかか、と、

7月季節商品の地元の野菜(玉ねぎ、にんじん、アメリカ豆、茄子、ミニトマト等)、山椒みそ、柚子みそです。
  農園 精一杯、お客様に喜んでいただけるように作りこみました。

どうか、美味しくお召し上がりください。

カテゴリー:美味しいお召上がり方

2018.06.08

合鴨のすき焼きセット

sukiyaki3   一湖房では、より長い期間育てるなど、通常とは違う育て方で、より美味しい合鴨を育てる試みをしています。 当「すき焼き」に使っているお肉はまさにその合鴨肉でございます。他にはない合鴨の美味しさをご堪能下さい。 【ご用意いただきたいもの】 焼き豆腐×1丁、ねぎ(白ねぎ、青ねぎ、玉ねぎ等)適量、生しいたけ×1パック、お好みで焼き麩や糸こんにゃく、生卵人数分、冷凍うどん(〆用) 焼き豆腐、ねぎなどはお鍋に合う大きさに切り分けておきます。お好みで卵、〆用に冷凍うどん。また残りの汁は玉ねぎを煮ると美味です。 sukiyaki1-2   ①鍋に脂皮を入れて、少し油が出てきたらモモ肉と割下100mlを入れて(強火で)火を通します。 sukiyaki2-2     ②一旦火を弱めて、ねぎの白い部分と焼き豆腐などを入れ、ねぎがしんなりとしてきたら、 ③青いねぎをたくさんいれ、 sukiyaki4-2     ④ ③が煮えないあいだに胸肉を入れ、その上から割下を(150ml)程入れて(強火)で煮えたら出来上がり。(胸肉の色が茶色く変わったら煮えています) ⑤お好みでとき卵を。粉山椒もお好みで。 ⑥また残りの汁で玉ねぎを煮ると美味です。〆はおうどんで、焼うどん風に・・・                                   ≫≫『合鴨のすき焼セット』のご購入はこちら。
≫≫ 2月~4月限定『合鴨と九条ネギのすき焼セット』のご購入はこちら。

カテゴリー:一湖房通信

2018.06.08

「朝だ!生です 旅サラダ」で放送されました

「朝だ!生です 旅サラダ」で「一湖房」本店が放送されました。
■放送日:2018年6月9日(土)
■放送時間:朝8時~9時30分 放送
■制作局:ABC・朝日放送
■放送局:全国局ネット(ABC朝日放送系列24局およびクロスネット
>>番組ホームページバックナンバーはこちら

※「ヒロドが行く!日本横断コレうまの旅」のコーナーで、長浜が紹介され、アナウンサーのヒロド歩美さんが、日本全国を回り、その地で、その季節に美味しいものを探すコーナーで一湖房にも来ていただきました。

↓今回ご紹介いただいた商品はこちらです

p208_slide01
通常の合鴨ロースと同じ環境・期間・育てた中で、一回り大きく育った合鴨を使った合鴨ロース煮です。 調味料等もこだわり、今できる最高の合鴨ロースを作ることにチャレンジしました!
>>プレミアム合鴨ロース煮のお買い上げはコチラです
>>プレミアム合鴨ロース煮の特集ページはこちら

sukiyaki2-2
一湖房では、より長い期間育てるなど、通常とは違う育て方で、より美味しい合鴨を育てる試みをしています。こちらの「すき焼き」に使っているお肉はまさにその合鴨肉でございます。他にはない合鴨の美味しさをご堪能下さい。
>>合鴨のすき焼きセット(4人前)
栄養価が高くヘルシーな地鶏化した合鴨を『ハンバーク』にしてみました ご購入はこちら>>