一湖房について一湖房について

どなた様にも愛される味づくりを目指して、日々努めてまいります。どなた様にも愛される味づくりを目指して、日々努めてまいります。

秀吉ゆかりの地、近江長浜は「浜ちりめん」の産地としても知られるところ。かつてこの地で呉服商を営んでいた当店の先代が、京都の得意先まわりの際に持参したのが祖母のつくった鮎の佃煮でした。

この素朴なふるさとの味は、手土産として先様に大変喜ばれ、やがて「あの鮎を分けてくれないか」というお声をいただくまでになりました。そんな嬉しいご要望にお応えしたのが『一湖房のあゆ』です。当店の歴史は、湖でとれる粋のいい鮎だけを炊きあげるこの佃煮から始まりました。

 

このように古くから琵琶湖での漁が盛んだった湖北地方では、魚用の網に掛かった鴨を川魚屋が商いとして扱っていました。こうして冬になるとかつての長浜の港に良質の真鴨が並んだことから、湖北は鴨の本場として知られるようになりました。

店名の由来通り『湖』の地からお届けする“鮎”や“鴨”が、『房』のごとく広がりをみせ、 どなた様にも愛される味づくりを目指してまいります。店名の由来通り『湖』の地からお届けする"鮎"や"鴨"が、『房』のごとく広がりをみせ、 どなた様にも愛される味づくりを目指してまいります。

今では鮎をしのぐ評判を頂戴するまでになった『一湖房の鴨ロース』は、長浜の鴨料理の老舗「鳥新」よるご指導を仰ぎ、選りすぐりの材料で納得いくまで味を追求した渾身の逸品として、多くのお取り寄せをいただいております。

店名の由来通り『湖』の地からお届けする鮎や鴨が 『房』のごとく広がりをみせ、 どなた様にも愛される味づくりを目指して、日々努めてまいります。

株式会社 一湖房
〒526-0024滋賀県長浜市三ツ矢元町11-20

昨年大ヒットした冬限定『合鴨鍋セット』が今年もバージョンアップして登場 ご購入はこちら>>