一湖房通信・美味しいお召上がり方一湖房通信・美味しいお召上がり方

カテゴリー:一湖房通信

2017.03.10

季節(ここだけ)限定 | 合鴨と九条ネギのすき焼き

sukiyaki3-2

2017年3月、4月限定で『合鴨と九条ネギのすき焼き』を販売いたします。

一湖房では通常とは違う方法で合鴨を育て、「鴨肉としての美味しさ」を追求しております。この合鴨肉を使った『一湖房の合鴨鍋セット』を販売しておりますが、今回はシンプルにネギと焼き豆腐を甘辛い割下で召し上がっていただく『すき焼き』を、こちらも期間限定で販売いたします。

 

 

sukiyaki1-2

 

【ご用意いただきたいもの】卵。お好みで玉ねぎと冷凍うどん(〆用です)があっても・・・。

①お鍋に脂皮(お肉のパック右上)を入れて、少し油が出てきたらモモ肉と割下(100ml小さいペットボトルの全量)を入れて(強火)で火を通します。

 

sukiyaki2-2

②一旦火を弱めて、ねぎの白い部分(たくさん)と焼き豆腐を入れもう一度強火で、ねぎがしんなりとしてきたら、

③青いねぎをたくさん入れ、

 

sukiyaki4-2

 

④ ③が煮えないあいだに胸肉を入れ、その上から割下を(150ml大きいペットボトルの約半分程)入れて(強火で)煮えたら出来上がり。

(胸肉の赤身が茶色く変わったら煮えています)

⑤とき卵で召し上がるのがおすすめです。粉山椒を少し使うとさらに美味しさが増します。

⑥うす切り餅はしゃぶしゃぶで(約20秒で柔らかくなります)美味しくお召し上がりください。

⑦また残りの汁で玉ねぎを煮ると美味です。〆はおうどんで、焼うどん風に・・・

 

 

  • 【ご注意ください】
    今回、一湖房の『合鴨と九条ネギのすき焼き』をいっそう、美味しく召し上がっていただく為に「お豆腐」は滋賀県米原「北新豆腐店」さんと、「九条ネギ」は京都「八百一本館」さんに。「うす切り餅」は滋賀県高島「針江のんきぃふぁーむ」さん、「粉山椒」は大阪堺「やまつ辻田」さんにご協力いただきました。
    ただ、いずれも、大量生産ではなく、商品に真心をこめたものですので、数に限りがございます。
    みなさまには、大変ご不便をおかけして申し訳ございませんが販売は3月~4月末までで、毎週水・木・金・土が発送日とさせていたきます。こちらの商品のみ、到着日の選択ではなく、発送日の選択となりますので、お間違いなきようご理解の程、何卒よろしくお願い致します。
  • >>『合鴨と九条ネギのすき焼き』ご購入はこちら。
栄養価が高くヘルシーな地鶏化した合鴨を『ハンバーク』にしてみました ご購入はこちら>>