合鴨の味噌すき焼き 合鴨の味噌すき焼き

2017年9月、10月限定で『合鴨の味噌すき焼き』を販売いたします

一湖房では通常とは違う方法で合鴨を育て、「鴨肉としての美味しさ」を追求しております。
この合鴨肉を使い、玉ねぎと焼き豆腐と一緒に、味噌味で召し上がっていただく『味噌すき焼き』の登場です。

こだわりポイントとお召し上がり方 こだわりポイントとお召し上がり方

お鍋セットには、合鴨肉+味噌ダレとだし汁に、玉ねぎ、お豆腐、七味唐辛子がついています

一湖房の「合鴨の味噌すき焼き」をいっそう、美味しく召し上がっていただく為に、合鴨肉は、角切モモ肉・うす切り胸肉・脂皮に味噌ダレとだし汁をご用意。さらに、滋賀県産の玉ねぎ、滋賀県米原市「北新豆腐店」さんのお豆腐、大阪堺「やまつ辻田」さんの七味唐辛子を同梱することが実現しました。 ただ、いずれも、大量生産ではなく、商品に真心をこめたものですので、数に限りがございます。

まずは、モモ肉を炒め、味噌ダレ小の半量をからめます

鍋に脂皮を入れて、少し油が出てきたらモモ肉を炒め、そこに味噌ダレ小の半量を入れて、からめて一旦火を止めます。

玉ねぎは、少し薄めにスライスしてください。

玉ねぎ、青ネギ、しいたけ、焼き豆腐を入れて、味噌ダレ小の残りを入れて、火をつけ、クツクツと水分が出てきたら中火にして、

最後に胸肉のスライスを上に並べ、それが茶色く変色したら完成です!

胸肉スライスを野菜の上に並べてその上から、味噌ダレ大の1/3量程を入れて、全体が煮えるのを待ちます。(その際少し水分が少なければ、だし汁を少量加えてください。)

このすき焼は、ぜひとき卵でお召し上がりください

このすき焼は、ぜひとき卵でお召し上がりください(「私はすき焼きで生卵はつけないの」とおっしゃるお客様も、ぜひ当「味噌すき焼き」は生卵で召し上がってみて下さい。全然お味が違います!) また、当セットの良いところは。食べ進むと味噌なので必ずトローっと煮詰まってくるのですが、それを薄める「白だし」がついていますので、少しづつ加えて味を調えながらお召し上がりいただけます。最後の〆はおうどんで、まず「白だし」で薄めてからおうどんを入れて、お召し上がりください。

合鴨の味噌すき焼き
¥ 5,940(税込み)
ご購入はこちら ご購入はこちら
●内容量:
・合鴨肉 190g ×2
・玉ねぎ × 約4個
・焼き豆腐 ×1丁
・味噌ダレ小 80ml×1、大320ml×1
・おだし 300ml×1
・七味唐辛子0.2g×4
●賞味期限:
冷蔵(10℃以下)で発送日より3日間
※添加物・保存料等一切使っておりません。
栄養価が高くヘルシーな地鶏化した合鴨を『ハンバーク』にしてみました ご購入はこちら>>